インバウンド市場においてますますの盛り上がりを見せる台湾での旅行展示会。
本日は実際10月27日から30日に行われた台湾の旅行展示会・台北國際旅展・ITF2017(International Travel Fair)の当日の様子を紹介していきたいと思います!

今年も大勢の方が来場していました。

 

1.台北國際旅展・ITF(International Travel Fair)とは?

そもそもITFとは何なのか、 ITFはアジア太平洋地域で最も人気のある旅行展であり、台湾で最も規模が大きい旅行展示会です。

毎年世界貿易センタービル1館と3館で行われ、台湾国内から世界各国の旅行関係企業・地方自治体・団体が参加します。例えば、国の観光局からエアライン、ホテル&リゾート、ショッピング&レストランなどが出展します。展示会というと日本では旅行情報の展示がメインですが、台湾の旅行展示会は、旅行商品の購入を目的とした働きかけが多くtoC向けの即売会のような状況になっています。

2016年度は11月4~7日の4日間開催され、60ヶ国・地域以上から950の出展企業が参加しました。ブースの数は合計約1,450に上り、そのうち日本ブースは参加国別最多の137でした。また、来場者数は4日間合わせて361,071人に達し、過去最多記録を更新。さらに、4000以上ものテレビ・新聞・雑誌を含む国内メディアに取り上げられました。

こちらは以前のITF成功のための重要ポイント3つの記事

台湾ITF2017年 旅行展示会ブースを成功させる為に大事な3つのポイント

 

2.なぜ台湾なのか

言わずと知れず台湾人は親日家が多い
1895年から1945年までの50年間、台湾は日本による統治を経験しています。その後中国本土軍の侵入・統治を経験し、様々な意見がありますが一般的に日本が統治していた時の方が良かったと考える人が多いようです。そんな歴史的背景もあり、お年寄りから日本の良さを聞かされて育った台湾人の多くは、日本や日本文化そのものが好きな親日家が多いようです。

台湾人の訪日旅行者は年々増加し続けている
2016年約2400万人の外国人が訪日しましたが、なんとその訪日外国人の6人に1人が台湾人、その数は年間416万7千人に上りました。これは2015年の367万人を約13%回る数字です。現在その数は年間訪日外国人1位の中国人(637万人)と2位の韓国(509万人)に続き、第3位となっています。

台湾人はリピート率が高い
観光庁から出ているこの数字からも分かる通り、台湾人の80%近くが日本への旅行をリピートしているというデータがあります。最短で1時間半で沖縄へ、日本本土へも3時間ほどで行けることもあり、台湾人の多くがその時間的、費用的な訪れやすさからかなんども訪日することが多いようです。私の住んでいるシェアハウスの友人や大学生の友人も、一週間前に日本旅行を決め、次の週末には沖縄や東京へ行くという人がいました。

日本でいう国内旅行感覚の「そうだ京都へ行こう」という感覚で「そうだ日本へ行こう」という気持ちで日本旅行をする人が多いように感じます。

 

3.人気のあったブースの紹介

ではどんなところが人気があるのか、前回の記事でブース設計のポイントに関して紹介したので、本日は実際の様子を紹介していきたいと思います。

1)JAL(日本航空)

プロのショーガールを起用した商品プレゼント参加型のイベント

 

多くの参加者がブースの前に滞在していました。

 

2)羽田空港

小さいがコンパクトにまとめられたわかりやすいデザインの羽田空港のブース

 

行列の先にはガチャガチャが、去年はあまり見かけませんでしたが、今年からいくつかもブースで導入され人気を集めていました。

 

3)沖縄

Be. Okinawaのブースには、ブースを一周するほどの行列、その先にあったものもなんとガチャガチャ

 

4)JR東海

ここ数年はやりのインスタフレーム、多くの方が写真を撮っていました。

 

JR東海のブースに5年以上前から台湾で活躍している知多娘

 

時には中国語も巧みに使いこなしながら、多くの人を呼び寄せていました。

 

上から見ても繁忙期でない時間でもJR東海のブースの周りには、人だかりができているのがわかります。

 

5)JTB

こちらは日本語と中国語によるクイズコーナー

 

6)韓国

各国ブースではダンスを使ったPRも行われていました。

 

7)東京大神宮

こちらはfacebookでいいねをするとメモ帳などがもらえる企画に加えて、無料のおみくじが。多くの人がおみくじを開いてお互いの内容をシェアしていました。

 

8)Tiger Air

こちらもfacebookでいいねをするとルーレットに挑戦できる参加型企画ステッカーやマグネットなどが当たるキャンペーンなんと1番賞では航空券も当たってしまうそうです。

 

9)2017年ITF 2000ブース中の優勝ブース「JAPANKURU」

ブース優勝3連覇中のJAPANKURUさんでは、今年も台湾で活躍されている日本人俳優である夢多(大谷主水)さんをMCとするトークイベントが開催されていました。

 

台湾モデル「Nikita/Boa Tsao」も出演されていました。

 

まとめ

facebookでいいねをしてもらうことで参加できるイベントや商品がもらえる企画、さらに限定グッズを配りyoutubeへいいねをしてfacebookでレビューを書いてシェアしてもらっている企業もいました。あとはやはりショーガールやアイドルを起用した参加型イベントが人気でした。私が回った中では、 多娘のJR東海、今年から導入されたガチャガチャの羽田空港とBe. Okinawaが日本ブースの中で特に人を集めていました。

全体的に参加型の企画が人を呼んでいたようですね!

以上で、台北國際旅展ITF2017(International Travel Fair)の当日の様子の紹介を終わります!台湾人旅行者をどんどん呼びたい企業の皆様、どうぞご参考ください。

執筆者:Mizuho