こんにちは。インターンの齋藤です。
9月4日から7日まで3C家電影音展が開催されました。
この展示会ではPC、テレビ、オーディオ、カメラなどの新製品が数多く展示してあり、会場は大変活気に溢れていました。
IMG_4931 縮小
中でも一番賑わっていたのは、PC関連の企業のブースです。
台湾はIT産業が非常に盛んで、IT先進国と言われています。
Acer やASUSなどを始めとする日本でも有名なIT企業も、実は台湾の企業なのです。
IMG_4932 縮小

一方、日本の企業のブースも台湾のIT企業に負けないくらい賑わっていました。
特にSONYのブースの特大4Kテレビにはすごく興奮しました!
IMG_4956 縮小
こんなに大きいテレビは初めて見ましたね。

実は博報堂が2011年に行った調査によると、
「台湾で日本から連想するモノ・サービス・エンターテインメントは何か?」という質問に対して、なんと90%近くの台湾人がPCやカメラなどデジタル機器や家電と回答しています。
参考URL:http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2012/02/20120210GlobalHABIT.pdf

日本の家電やIT製品が台湾に広く浸透していることを、とても実感できますね。

でもこれらの日本製の製品の多くは、実は台湾で買うよりも日本で買った方が安く購入できます。加えて円安の影響もあり、最近では台湾から日本に来た観光客が家電製品を購入することが増えてきています。

こうした台湾の展示会への出展は台湾での知名度を向上させ、日本への旅行客の購買も促すのではないでしょうか。