こんにちは。TJMWの加藤です。

2004年に作られ、2006年に一般公開されるようになったFacebook。
その後、2008年には日本版と台湾版(中国語版)が公開されました。

Facebook上で商品や企業、著名人の活動や情報を発信していくページ、
Facebookページ(ファンページ)の数も年々増えてきています。
そのFacebookページを使ってユニークなPRをしている企業がいくつかあります。
今日はその中から3社ピックアップしてご紹介します!

まずは、こちらの動画をご覧下さい。

フランスが拠点の車ブランド、ルノーのオランダ支社が製作した動画です。

ルノーの新車とFacebookページのいいね!を天秤にかけて、
ある程度のいいね!を集めるとその車がファンの誰かに当たるというものです。
実際に天秤にいいね!が加算されていくところはストリーム動画で中継されます。

2週間で16,382のいいね!を集め、ストリーム動画は60,000以上の閲覧がありました。
最終的には12,000人の新しいファンを増やすという結果でプロジェクトは終わりました。

 

 

2つ目は、ピザのお店のPRです。

アメリカ発信の宅配ピザチェーン店、ドミノピザのプロジェクト動画です。
全世界で10,000店舗以上、日本や台湾にも店舗があり台北市内には22店舗あります。
ドミノピザオーストラリアは2012年3月に
ファンの投票で新しいメニューを追加するというプロジェクトを7日間行いました。

ドミノピザのFacebookページ上のリンクから自由に
生地、ソース、トッピングを選んだ後に作ったピザに名前を付ける事ができます。

投稿されたピザの中から1番人気の高かった組み合わせを集計し
実際に「Fan Favourite」という名前で店頭販売されました。

実際に販売されたファンの意見の集大成「Fan Favourite」

実際に販売されたファンの意見の集大成「Fan Favourite」

 

 

最後は、有名コーヒーブランドのネスカフェです。
ネスレが販売するコーヒー製品の商標で、1938年にスイスで販売開始されました。

ネスカフェギリシャが新しく缶コーヒーの商品を発売するにあたり
2012年10月にこのプロモーションは行われました。

内容はシンプルで、ファンのいいね!が増えるごとに
Facebookページのカバー画像上で新商品がお披露目されるというもの。

プロモーション開始後すぐのFacebookページ

プロモーション開始後すぐのFacebookページ

「いいね!=コーヒー豆1粒」で、30kgのコーヒー豆がどんどん取り除かれていくにつれて
カバー画像上でだんだんと新商品が現れます。

少しずつ現れる新商品のコーヒー

少しずつ現れる新商品のコーヒー

なんと新商品の全貌が公開されるまで1日もかからなかったそうです。
ピックアップした上記3社が行ったキャンペーンは、
「顧客が実際に簡単なアクションを起こし参加する」という
PR方法を採用することで成功に終わりました。

情報を頻繁にアップデートしていきやすいFacebookページなどのSNS上で
商品PRやキャンペーンを行うと
その商品自体を知ってもらうキッカケが生まれるのはもちろんですが
後に顧客のターゲットを絞ることが出来たり、根強いファンの誕生にも繋がります。

世界各国のFacebookページの活用法、
まだまだおもしろいものがたくさんありそうです。