京都

「ブロガーを使った集客PRってどうやるの?」

2015年夏に台湾ブロガーが関西を訪問した事例を紹介しながら、
具体的にそのメリットや効果について一部公開したいと思います。

ブロガーを使ったインバウンドPR例として、一般的なのは台湾でフォロワーの多い
人気ブロガーに日本の観光を体験訪問してもらい、その楽しさを自身のブログや
Facebookで発信してもらう事です。

弊社の過去の記事で、台湾人をターゲットにした広告手法の一つに、
人気ブロガーに協力いただく広告施策の費用対効果が高いというお話をしました。
なんと台湾では毎日約3人に1人がブログを見ていているそうで、
その中でも、日本の買い物情報や日本の観光情報を掲載した投稿がかなり増えています。
詳しくはこのブログをご覧ください。

台湾人向けのインバウンドブロガー施策を実施するにあたって
重要な3ステップがございます。

①ブロガー選定
②訪問体験
③Facebook、ブログで発信

これから順を追って各ステップに何をするのかを紹介したいと思います。

①ブロガー選定

台湾には様々なタイプのブロガーがいます。

例えば若い女性から支持を集めているファッションブロガーや台湾国内の旅行に強い旅ブロガー、それとは別で、海外の旅行に強い海外旅行ブロガー、はたまた、日本の旅行に特化した日本旅行ブロガー。日本でも話題の「料理のレシピ系」や「子供のためのお得な情報」を発信している親子(ママ)ブロガー。家庭用ゲームや、スマホゲーム、PCゲームなどに強い、ゲームブロガーや、Youtuberと言われる方たち。

この様に、ブロガーと一言でいえど、様々なジャンルに分かれています。
そのため商材や目的に応じて、KPIに合うブロガーを選定する必要があります。

今回の旅は、「レンタル着物」「ショッピングモール」「買い物しやすい立地の良いお洒落なホテル」「カフェ」「バー」「巨大水槽付きレストラン」「遊園地」など、ちょっとお洒落で若者ウケしやすい観光スポットを多く回りました。
そのため台湾の若い女性からの支持を多く集めている3人のミドルクラスのブロガーをチョイスしました。

ブロガー YUI

ブロガー YUI

①Yui
月間PV数:約50万PV Facebookファン数:36404人
Facebookエンゲージメント率:平均10%
日本でいう「ざわちん」のような、化粧モノマネでTV、雑誌、広告出演もしている旅&コスメブロガー。日本語も話せる事から、日本への興味も高く、情報を丁寧に把握した上で投稿ができる。文章も端的でわかりやすく、画像加工なども上手に使い表現する。30代の女性ファンが多い。

ブロガー 蘋果

ブロガー 蘋果

②蘋果
月間PV数:約60万PV Facebookファン数:56598人
Facebookエンゲージメント率:平均11%
元々小学校の先生なのでイメージが良く、文才があり写真のセンスも良い。7割のファンが女性である。

ブロガー Grass

ブロガー Grass

③小草 Grass
月間PV数:約40万PV Facebookファン数:95380人
Facebookエンゲージメント率:平均14%
2013年「KUSA」という名前で日本で歌手デビュー経験があり、日本語も流暢。日本の若い人の文化や流行にも敏感で詳しいので、ファンも日本に興味のある人が多く集まっている。自身のファッションやコスメ情報をブログに載せているため、若い女性の読者が多い。

3名とも台湾ではミドルクラスのブロガーではありますが、
どのブロガーも自分の個性を持っており、ファンのセグメントがうまくされているブロガー達です。

②訪問体験

関西訪問

では実際に上記3名のブロガーが関西地区を訪問した様子を紹介します。
今回ブロガーが訪れたのは関西地区の大阪、京都。
USJ、道頓堀、清水寺などの定番観光地から、台湾人を旅心をくすぶるコンテンツを選定しています。

③Facebook、ブログで発信

blogyoutoukou

ブロガーの訪問体験が終わり台湾に帰国した後は、Facebookとブログを使って体験レビューを発信してくれます。
台湾ではFacebookのアクティブ率が世界一位と、Facebook大国です。
彼女達はFacebookにも多くのファンを抱えているので、よりたくさんの台湾の人に情報拡散が可能になります。
また今回の関西訪問のブログは数回に分かれて投稿を行いました。
施設毎の記事発信だと、「情報が点」になるため最大の効果が発揮できません。
地域エリア毎に、Day1~Day5などのように、「点ではなく線で」記事にすることで、ストーリーが生まれ、旅行者にとっても見やすい記事になります。

今日本ではインバウンド観光客をどんどん増やそうとする取り組みが加速しています。
その中でブロガーを活用したプロモーションはその「わかりやすさ」と「拡散性」の高さから
今後も注目を集めていくことでしょう。

ブロガー施策に関するお問い合わせはコチラから。