台湾最大の旅行博覧会「台北國際旅展」が、台北市の世界貿易中心を会場に、
11月4日から7日までの4日間の日程で行われました!

会場となった世界貿易中心1館、3館には、4日間で36万人の来場者が訪れ、
過去最高の来場者34万人を数えた昨年を更に上回る来場者数を記録しました!

特に週末だった5日、6日には入場規制がかかるほどの人出だったとか。
台湾の人たちの旅行に対する関心の高さが伺えますね!

出展単位としては、台湾の旅行会社、国内外の地方自治体の観光協会、
ホテル、公共交通機関などが主でした。

1

朝からたくさんのテレビ局が取材に

主要テレビ局も複数が取材に訪れるほどの注目度!

2

日本旅行についてのブースはやはり大盛況

海外旅行のブースの半分以上を占め、圧倒的な存在感と人気を博していたのは、
やはり日本旅行に関係するブースでした!

3

歩くのも大変なほどの人出でした!

その中で、特に多くの人を集めていたブースは、
パンフレットを並べたり、ポスターを張ったりすることのみならず、
参加型イベントを催したり、SNSを駆使したり、記念品を用意したりと、
更なる工夫を重ねている所が多かったように思えました。

今回は、台湾の旅行展で千客万来のブースを作り上げる3つの工夫を紹介したいと思います。

工夫① 参加型イベントを用意すべし!

ブースを見ていると、多くのブースが小型のステージを用意しているのが目につきます。
ステージでは決まって、若い女性が司会進行を務めるイベントが催されていて、
内容は旅行商品の紹介、クイズ、抽選会など多岐にわたります。

10

一般参加型のブースには自然と人だかりが

なんといっても大切なのは活気!
盛り上がっているところを周囲にアピールすることが何よりも大切で、
ある航空会社は、「次の日本旅行で使うのは~?」というお姉さんの問いかけに、
「●●航空~!!」と来場者に元気に答えてもらうことで、会社の名前をアピールしていました。

8

威勢のいい司会進行に、足を止める人がたくさん

商品の紹介の途中にクイズを織り交ぜ、
双方向のコミュニーケーションを生み出すことでイベントを盛り上げているブースも。

4

実際に体験できるコーナーには自然と人が集まります

横になることが出来る新タイプのエコノミークラスのシートを紹介するブース。
体験時間になると長蛇の列でした!

工夫② SNSを駆使すべし!

Facebookの普及率が60%といわれる台湾。(参考:日本は20%)
いいね!やチェックイン機能を駆使してアピールにつなげているブースも多く見られました!

5

SNS+記念品という組み合わせはもはや鉄板?!

こちらのブースでは、来場者にfacebookページのQRコードを読み取ってもらい、
いいね!をしてくれた人にもれなく記念品をプレゼントするという企画が人気を集めていました!

6

SNSでの拡散は2次的な広がりも期待できます

こちらは、動物園で人気のカピバラの被り物を被って、
写真をfacebookにポストしてくれた人全員にカピバラのキーホルダーをプレゼントするという企画。
宣伝効果アップを狙いつつ、お客さんに楽しんでもらう…まさに一石二鳥の工夫ですね!

工夫③ 記念品を用意すべし!

7

大人気だったカピバラのマスコット

SNSの活用に見たように、記念アイテムを用意することは人気ブースとなるための必須条件!

こちらは先ほどの動物園のカピバラ。かわいいですよね?

少しだけ、ブースのお手伝いでお客さんへの声掛けをさせて頂いたのですが、
「記念品ありますよ~」と一言添えるだけで、
人の集まり方が本当に違いました!

まとめ:台湾で大盛況ブースを作り上げるコツ

参加型イベントの開催SNSの活用、そして記念品
この3つのポイントに絞って紹介しましたが、活気あるブースに共通していたことは、
3つポイントのうちのいくつかを上手に組み合わせていたことです。

SNSでいいね!→記念品

だったり、

ステージで商品の紹介→クイズ

など、お客さんを引き付けるために各ブースがどのような工夫をしているか
という視点で旅行展を覗いてみるのも面白いですよ!

以上、台湾生活も残り2か月となってしまい、
今のうちに台湾フードを満喫しておきたいインターンのはらたくがお送りしました!