こんにちは!インターン生のYUKOです。

4月1日(土)〜4日(火)は『清明節(チンミンジエ)』と言う4日間の連休を迎える台湾。

『清明節』とは日本で言うお彼岸と同じで、家族皆でお墓参りをして、先祖を祭る日です。

ですが、この連休で海外旅行へ出かける台湾の人々も多いようです。

 

 

日本へ訪れる訪日観光客の6人に1人は台湾人!?

先日、台湾の様々な情報を発信しているフォーカス台湾で、このような記事を発見しました。

 

【関連記事】

2016年の訪日外国人客、6人に1人は台湾人=日本政府観光局

 

この記事によると、日本政府観光局(JNTO)が発表した2016年の訪日外国人客数は過去最多の2403万9000人。

台湾の訪日客は416万7400人でこちらも過去最多。

2015年の台湾訪日客数を13%も上回り、史上初の400万人を突破したようです。

また、昨年は東北・中国・四国地方のPRに力を入れ、積極的に観光誘致に取り組んだとの事。

 

昨年6月から台湾に住み始めた私ですが、街中ではこのような日本旅行の広告を見る事も。

 

s__2113542

台北市内で見かけた東北地方の広告

こちらは東北地方の広告です。

その他、東北・中国・四国地方以外の地方のPR広告も見かけることもよくあります。

 

s__2113542

MRT内で見かけた熊本のPR広告

こちらは台湾のMRT(地下鉄)に設置された熊本のPR広告。

くまもんは台湾でも大人気のキャラクターです。

 

 

台湾の訪日客が「地方へ流れる」のは必然?

最近では訪日客が首都圏から地方へ流れていると言うニュースを見かける事もありますが、それは必然の流れであると台湾での日常生活を通して感じます。

 

理由① 台湾人訪日客はリピーター客が多い。

台湾は親日国と言われており、リピーター客も多いと言われています。

ニュースサイトBLOGOSの2016年1月の記事によると、2015年10−12月に実施された訪日外国人旅行者消費動向調査では、台湾訪日客3677,100人の内、20.2%の方が『日本へ10回以上来ている』と答えたそうです。

これは驚きです。

 

【関連記事】

訪日観光客、リピーター増で質の変化始まる

 

日本へ訪れるリピーター客は、すでに日本旅行の王道コース(首都圏)を制覇している方が多いのです。

個人的な話になりますが、私の周りの台湾人は、日本を訪れた事がない人は圧倒的に少ない印象です。

「毎年2回は日本へ行くよ!」と言う友人や、「年に4回は沖縄に遊びに行く」と言う沖縄通まで。。。

 

 

理由② 台湾の人々の情報収集力の高さ

スマートフォンの普及率が人口の80%を超えるIT大国・台湾。

ネット上では様々な情報が日々飛び交っており、台湾の人々の情報収集力の高さに驚きます。

台湾の友人から日本の最新情報を教えてもらうこともしばしば。

日本の最新情報はほとんど時差なく台湾でも得る事が出来る印象を受けます。

また、台湾ではブロガーの影響が非常に強く、日本旅行に特化したブロガーのブログやFacebook等をチェックして情報収集してる方も多いようです。

台湾で人気の日本旅行に特化したブロガーさんをご紹介します。

 

①林氏壁
13235265_10153738956974150_6023348798200693060_o
フォロワー数:847,000人(2017年3月現在)
FACEBOOKページはコチラブログページはコチラ

台湾で最も影響力のある日本旅行に特化したブロガー。フォロワー数は84万人以上と言うから驚きです。

その影響力はとても強く、林氏のブログ記事から某ニュース媒体の記事になる事もよくあるのだとか。

日本の地方の情報も数多く発信しており、多くのフォロワーが参考にしているようです。

少し余談になりますが、中国語の勉強がてら、林氏が発信する情報を日々チェックしているのですが、

今月の3月11日、彼の記事を見て色々思う事があったので、ぜひシェアさせて下さい。

 

東日本大震災が発生してから今年で6年目を迎える事、そしてヤフーの検索募金を紹介していたんです。

現在(2017年3月26日)の時点でいいね数は1900件以上、シェア数はなんと419件!

そしてコメント欄には募金した事が分かる画面のスクリーンショット画像をアップするフォロワーの人々。

東日本大震災の際に、最も多くの義援金を日本へ寄付してくれた台湾の人々。

6年たった今でも継続して支援し続けて下さる台湾の人々の温かさに、画面を通して少し感極まってしまいました。

世界一の親日国としても知られている台湾。

日常生活でも台湾の方にたくさんお世話になっているので、少しでも恩返しできる自分になりたいなと強く思います。

 

 

②Via
13235265_10153738956974150_6023348798200693060_o
フォロワー数:446,000人(2017年3月現在)

FACEBOOKページはコチラブログページはコチラ

こちらも台湾ではかなり影響力のある日本旅行に特化した女性トップブロガーVia氏。

彼女も日本に関する様々な情報を女性目線で発信しており、フォロワーからの信頼も厚いブロガーです。

彼女がFacebookでアップする記事に対してのフォロワーの反応も多く、彼女の影響力の高さが伺えます。

 

 

地方の台湾人訪日客を集客するには?

上記の理由から、台湾で影響力のあるブロガーを起用したPR方法は有力な集客方法の1つと言えるでしょう。

先ほどご紹介したような日本旅行に特化したブロガーを地元に招き、観光を体験してもらいます。

そして、彼らにその場所の良さを実感してもらった上で、ブログを通してその土地の魅力を発信してもらいます。

首都圏を除く地方の場合は、より効果的なPR方法ではないでしょうか。

訪日客の集客を望む方は、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

 

以上、もっと台湾の人々について知りたいと考えるYUKOでした。