こんにちは!スタッフのRIKAです。

近年、台湾にはたくさんの日本の商品が溢れています。

商品のみならず飲食店やサービス等、2012年以降
多くの企業様が台湾に進出しています。

今や様々な国に住む機会の多い日本人駐在員の方々が口を揃えて
台湾は『住みやすい』というほどまでになりました。
駐在員の妻としてもだそうです。
(食材も調味料も日系スーパーで手に入るし、日本人マスターに日本人シェフ、
日本人板前さん、日本人大将もいます)
コンビニにしても、セブンイレブンにファミリーマートなど馴染みの深いものがたくさん。

確かにたくさんの台湾人の頭の中に
日本のもの=いいもの
という図式はだいぶ浸透しているかと思います。
ですがたくさん進出しているもののなかに、
やはり成功しているものとそうでないものがあります。

要因は色々あるかとは思いますが、そのほとんどが

事前マーケティングとローカライズを無視したもの

失礼ですが、どうやら勘違いをしている方がいらっしゃいます。
よく聞くのが「日本で売れてるから、台湾でも・・・・」という流れで
日本で売られている商品をそのまま台湾で売っているパターン。

いくら台湾が親日だからといって、日本のものが何でも売れるわけではありません。
日本に置き換えてみてもそうだと思います。
例えばいくらハワイが好きな人が多いからといって
ハワイのものがバカ売れするものでもありません。
今はやりのパンケーキ店のすべてが繁盛しているわけでもないと思います。


進出する前にまずは知ることです。

国民性、風土は当たり前のこと、コスト、流行り、舌、生活習慣なども大きく左右していきますよね。

いくら良いものでも、マーケティング、プロモーションの方向性、立地
の全ての条件が刺さってこそ、本領が発揮できるものです。

というのも実は最近、台湾に進出している
日本の某コーヒー店のお話を聞いたということもあります。
その某コーヒー店は台湾に何店舗か構えていますが、
しっかりとしたマーケティングを経て出店しているとのことで
その信頼度は高く、とある不動産仲介業者の方が言うには、
その某コーヒー店と、御社の商品のターゲット層が同じなら
付近に出せばとてもいいよ、とおっしゃっていました。
モノにもよりますけどね。

台湾進出、台湾市場飽和状態と言う方も中にはいますが、
アジア市場、片足つっこむ前にまずはしっかりとしたマーケティング。
スピードも肝心ですがゴールが見えない状態で方向性を決めると良くないです。