初めまして。デザイナーのkouです

20151030日~1102日まで台北の世界貿易センタービルで「台北国際芸術博覧会」(ART TAIPEI 2015)が開催されていました。世界20ヶ国から出展し、合計3000点以上の作品が展示されました。期間中は4日間で合計47千以上の方が来場し、とても賑わっていました。

展示会では2Dの絵をはじめ、3Dアート、空間デザインなどさまざまな作品が展示されていました。

IMG_6192IMG_6199

特に私が印象に残ったのは日本のTezukayama Galleryとアーティスト加藤智大さんのコラボレーション作品「徹底」。鉄だけでつくった茶室、その名も「鉄亭」。徹底的に鉄だけを材質にしたこだわりと茶道の精神を込めた作品です。

鉄亭内では実際に茶道の体験を行うことができました。この茶道の伝統文化と現代アートが融合した作品は、日本文化に興味を持っている台湾の方たちの注目をとても集めていました。

IMG_6181

また、画家の西澤千晴さんが会場で絵を披露していました。実際に作品を描いている過程を見れることはなかなかないので、とても貴重な体験でした。

IMG_6167

こちらは韓国のアーティスト李在孝(イ・ジェヒョ)さんが木を用いて作った作品。木の力強さと柔らかさを感じることができました。

IMG_6178

私はデザインの勉強をしていましたので、時々展示会にも足を運んでいます。このような世界各国から作品を集めた大規模な展覧会は、台湾のデザイナーの方はもちろん、メディア関係の方たちにとっても一大イベントです。

展示会に出展している様々なアーティストの作品を見ることで、現代アートの多様性と今後の展望を知ることができます。

IMG_6175IMG_6188

IMG_6193

こうした台湾の展示会への出展はメディアの報道によって知名度を上げることだけではなく、来場のお客さんと直接コミュニケーション取れるのもいいですね。