先日台湾テナント記事をアップしましたが
今回は台湾のレンタルオフィスを紹介いたします。

10

レンタルオフィスを活用することで台湾進出、台湾での企業に対するハードルが
いくらか下がるのではないでしょうか?

レンタルオフィスをご存知の方も多いとは思いますが
異国でのレンタルオフィスは言葉の問題もあるのでまた違ったものになると思います。
日本でのレンタルオフィスの主だったサービスといえば
●インターネット
●コピー機、プリンター、スキャナ等
●会議室
●フリースペース
ですよね?

台湾ではそれに加えて100%日本語環境でビジネスサポート付きの、
日本企業向けレンタルオフィスが存在します。

11

レンタルオフィス側の秘書が利用者の仲介役を果たしてくれれて
また、会社の登記住所としてその場所を使用することが可能です。

郵便受け取りや電話の対応もこなしてくれます。

台湾でのビジネスを総務/庶務事務代行、記帳代行、給与計算、
労務管理、翻訳、通訳など数多くの業務を任せる事ができるので
中国語が話せなくでも仕事が出来る環境となっています。

自社オフィスを構える場合、最低でも
不動産保証金、仲介手数料、管理費、電話、ネット、OA機器、家具など
色々揃えなくてはいけません。
さらに、中国語が出来ない場合は現地で日本語が話せる人材を探すなど
しなくてはならない事が盛りだくさんです。

台湾の進出・起業をまずはテストマーケティングしたい、という時に
コストダウンできるので、便利なサービスだと思います。

いきなり事務所を構えるのが不安な方でも
このようなサポートがあれば心強いのではないかと思います。

Farglory Business Center
LinkBiz
MacusBC.com
MONDE STAY
SABC
THE EXECUTIVE CENTRE

>>台湾のテナント・不動産事情1はこちら