staffのRIKAです。

台湾中央銀行は5日、11月末に4009.56億米ドルの外貨準備高があると発表しました。
10月と比べて17.6億米ドルの増加となります。

記事元;Yahoo台湾ニュース

外貨準備高が4000億ドルまで回復しただけではなく、過去最高出来高となり
その中でも11月末までに、国内株式の外国人保有と当日の市場の計算による債券は2187億ドル、
約55%は外貨準備高が、また今年の4月以降の最高出来高に達したときに
国内投資の雰囲気は好転して、外国からの投資額が増えている。

台湾中央銀行は今月、外貨準備高は、対ドルでユーロや他の通貨の上昇と相まって
外貨準備高の投資を要因に営業利益が増加し続けたと発表しました。

台湾中央銀行は外貨準備高は多ければ多いほど良いというわけでもなく
貿易に必要な支出額が足りているかの方が重要であり
準備高の多い少ないや国際ランキングはそこまで重視できないとの見解でいます。

現在世界の外貨準備高のランキングは

1位 中国  3兆2851億米ドル
2位 日本  1兆2742億米ドル
3位 ロシア 5268億米ドル

となっており台湾は上記三国に続き4位に位置づけています。