我々Webマーケティング会社があえて紙媒体のお知らせをしている経緯については
下記の弊社のブログ記事を御覧ください。
→「訪日観光客獲得の秘訣は「ブロガー×ガイドブック」!?」

台湾ガイドブック(2017年下期)発売予定まとめ

台湾で人気のガイドブックの申込み期限や入稿期限、発売日などをまとめた記事になります。
完全制覇シリーズの東京版が今年2017年の9月に発売されますので、そのお申込みに関するお知らせです。
弊社は直接出版社様と代理店契約させてもらっております。


2017年度下期発売スケジュール

9月
・東京攻略完全制霸 ※大人気シリーズ

・沖繩地圖隨身GO(マップを軸に旅行情報を紹介する人気シリーズ)

10月
・京都地圖隨身GO(マップを軸に旅行情報を紹介する人気シリーズ)

11月
・阪神地鐵地圖快易通(電車を軸に旅行情報を紹介するシリーズ)

どれも知名度の高いシリーズですが、特に9月発売の完全制覇シリーズは、
台湾の出版社で最も有名なシリーズのガイドブックになります。
東京版と、京阪神版、の2種類が発売されています。

詳細は以下に記載


東京攻略完全制霸(2017年9月5日発売)
申し込み締切日:7/24
約2年毎に新刊発行

内面1/2カラー(記事広告)一般提供価格70,000台湾ドル(約26万円)
内面広告1P(記事広告)一般提供価格100,000台湾ドル(約37万円)
→詳細な金額はお問い合わせください。

※前作の情報
本書には1500ヶ所以上のスポットとお店の内容が含まれております。また、最新の東京名所、メディアやネットでのおすすめの人気店、新しいグルメスポットなども収録されています。まさに東京ガイドブックの決定版!

人気の東京23区域に加え、東京周辺の横浜、鎌倉、日光、鬼怒川、箱根、避暑で有名な軽井沢、河口湖なども含まれています。東京出発の小旅行でのんびりしたり、知らない日本を体験できます。

東京ディズニーランド、藤子・F・不二雄博物館など定番の楽しめる場所も詳しく紹介。他にも、東京の交通情報も記載されているので、旅行も安心!本書には旅行中に使える別冊の東京の地図がついており、実際に日本入国申請書の書き方から旅行中に使える日本語や泊まる際に役立つ旅行情報も満載です。

 


沖繩地圖隨身GO(2017年9月19日発売)
申し込み締切日:8/18
約2年毎に新刊発行

内面1/2カラー(記事広告)一般提供価格70,000台湾ドル(約26万円)
内面広告1P(記事広告)一般提供価格100,000台湾ドル(約37万円)
→詳細な金額はお問い合わせください。

※前作の情報
本書は沖縄へ旅行に行きたい方に向けて、沖縄本島の観光スポット、グルメ、ビーチやショッピング情報を紹介し、そのスポットの詳細地図と交通機関情報から、最も適当な旅程を組むことができるガイドブックであることを目的としています。よりディープな沖縄の楽しみ方に焦点を当て紹介することが可能になりました。

■地図が分かりやすい:ポータブル地図GOは大きく、見やすいので、直接観光スポットに訪れることはもちろん、旅程の連絡もとりやすいです。 

■旅程が最も組みやすい:交通機関やレンタカー、どちらを利用するにかかわらず、旅行を充実させることができる各種類のコースを用意しています。

■ディープな遊び方を紹介:皆さんに様々な角度からの沖縄の楽しみ方を紹介します。

■使える情報が盛りだくさん:大きいものは空路、交通、小さいものは気候やオススメグルメ・お土産リストなど、沖縄を旅行するには欠かせない詳しい情報が本書にすべて集められています。


京都地圖隨身GO(2017年10月17日発売)
申し込み締切日:9/15
約2年毎に新刊発行

※画像は東京版の参考イメージとなります。

内面1/2カラー(記事広告)一般提供価格70,000台湾ドル(約26万円)
内面広告1P(記事広告)一般提供価格100,000台湾ドル(約37万円)
→詳細な金額はお問い合わせください。

※本書の特徴については、上記の沖縄版の説明をご参考くださいませ。


阪神地鐵地圖快易通(2017年11月16日発売)
申し込み締切日:10/13
約2年毎に新刊発行

内面1/2カラー(記事広告)一般提供価格70,000台湾ドル(約26万円)
内面広告1P(記事広告)一般提供価格100,000台湾ドル(約37万円)
→詳細な金額はお問い合わせください。

※前作の情報
本書は大阪、神戸の人気観光スポットを11本ある路線を詳しい乗り方、切符、切符代、おすすめ旅行プランと組み合わせて切符の買い方のステップを図解したものと30個ある駅周辺の詳細地図をぎっしりまとめてあります。

■詳しい地下鉄紹介:阪神地下鉄にのみ絞り、乗り方、切符、切符代、路線、注意事項を詳しく紹介。さらに、現地ですぐ乗れるように、段取りと図を組み合わせて説明。

■実践的な旅行プラン:面倒くさがりな読者が参考にできる4泊5日の地下鉄プラン、一駅毎にすぐ遊びに行ける観光スポットの紹介。

■交通路線の紹介:路線を分けて、重要な地下鉄駅、路線情報を紹介、さらに、おすすめコースの提供。

■観光スポットと地図をまとめたレイアウト:地図と一緒に観光スポットを同じページに収録。旅行プランを作るうえでの交通網の乗り方をポイントごとに強調してあるので、読者が路線図通りにすぐにどこにでも行ける。また、団体ツアーなしで個人旅行ができることを一つの目的としております。