インターンの田中です。

5月7日から9日までの3日間、
楽しみな展示会の1つである臺灣電子遊戯機国際産業展開催されました。
臺灣電子遊戯機国際産業展はアーケードゲームの展覧会で、
今年の開催で22回目を迎え、台湾国内外の61もの企業が参加しました。

今年も待ちに待ったアーケードゲーム展です!

今年も待ちに待ったアーケードゲーム展です!

私の目を引いたのが、液晶の機能を最大限に使用したゲームが多く見受けられたことです。
アーケードゲームの基本である操作性だけでなく、
電子機器の技術の進歩に従い、サウンドや画面のクオリティも求められる時代となりました。

画面、音ともにハイクオリティが普通になりつつあります

画面、音ともにハイクオリティが普通になりつつあります

賛否両論あるかとは思いますが、日本のメダルゲーム関連もこの通り、液晶です。

そして、今回の展示会で体験したアーケードゲームの中で、
一番楽しませて頂いたのが、 Allied Tank Attack というゲームです。

このゲーム、なぜ良かったというと1台の戦車を2人で操縦します。
1人が運転、1人が攻撃と役割分担をしその操作をすることでゲームの台自体が動くのですが
その動きがまた忠実で、主砲を打った時の衝撃が凄い!
1台の戦車を共に操縦するという共有感も一般的な共闘ゲームとは違う所で、
盛り上がること間違いなしのゲームです!

下の台が動くことでよりリアルを体験できます

自分たちの動きに応じて忠実にコクピットが動きます。遊園地のアトラクションのようでした。

今回の臺灣電子遊戯機国際産業展の見学を通して、
現代のゲーム産業はゲームの内容だけでなく現代技術をどう活用するかが人気ゲームになるかのカギであると感じました。
最近のゲーム産業の主流はやはり家庭用ゲームですが、
アーケードゲームにもアーケードゲームでしか楽しめないゲームの楽しさが詰まっていると思います。

台湾の展覧会では美人ショーガールが必須です

台湾の展覧会といえば美人ショーガールの登場も定番ですね。