インターンの加藤です。

弊社オフィスがあるTWTC(台北世界貿易センター)1号館1階の展示場では
毎週、様々な展示会が行われています。
先週の5月8日〜10日の3日間は
国際的なゲーム機の産業展、GTI台灣電子遊戲機國際產業展が開かれていました。

ゲーム機と言っても、
家庭用のテレビゲームではなく、ゲームセンターなどに置かれているアーケードゲームです。

産業展の入り口

産業展の入り口

1993年以降、毎年開かれている産業展で、
機械製造側の方とface-to-faceで話せる良い機会と認識されている展示会です。
出展国はオーストラリア、中国、香港、イタリア、日本、韓国、
マカオ、マレーシア、フィリピン、タイ、イギリス、アメリカ、と
アジアに限らず世界各国から集まっています。
ちなみに今回、日本からは、バンダイナムコゲームスさんが出展されていました。

実際にほとんど全てのゲーム機を体験することができ
その3日間だけは展示場がゲームセンターのようでした…(笑)

展示場内の雰囲気

展示場内の雰囲気

メダルゲームやクレーンゲーム、シューティングゲーム、
小さな子供用乗り物ゲーム、パソコンを使ったネットゲーム等々、本当にさまざまでした。
バスケットボールやエアホッケー、ダンスなどの体感ゲームもありました。

ダンスゲームのデモ

ダンスゲームのデモ

 

ダンスゲームのデモ

ダンスゲームのデモ

弊社オフィスに来て初めて展示会を見た私の個人的な意見なのですが。
商談などでいろんな言語が飛び交う場内に驚いたことに加え、
何より、展示会場を設置する動きの早さにびっくりしました。

ゲーム機の産業展が終わって6日経つのですが、もう次の展示会が始まりました。設置も撤収もはやい!
こうしてTWTCの展示場は、1週間ごとに展示内容が変わります。

次は美術関連の展示会だそうです。
毎週毎週、それぞれのジャンルを少しずつ学べそうです。